人の肌細胞はターンオーバーを繰り返している。

人の肌細胞は、スキンや真皮、皮膚組織で形成されてあり、28日~40日でターンオーバーを繰り返してあり、真新しい肌に生まれ変わっています。
肌はカラダのシチュエーションに合わせて段取りがあるので、暑い時は発汗を促して、体温を引き下げる働きがありますし、寒い時は毛孔を引き締めて、体温の低下を押さえる効果があります。
強い紫外線を浴びると、肌の上面だけでなく、真皮の肌細胞まで、負荷を受けやすくなり、メラニンの作成を促進してしまうので、変色やそばかす、くすみなどになってしまいます。
肌からは汗や皮脂などが分泌されており、カラダ1つの老廃物をカラダに排出する大切な価値をしています。
年齢を重ねると、肌細胞の交代が低下してくるため、しわやたるみなどの肌荒れの原因になってしまう。
良い肌を維持するためには、肌細胞の交代を促進する必要があるので、洗顔や入浴などで肌を清潔に保ち、実施が低下しないように、敢然と保湿を心掛ける必要があります。
鼻呼吸だけでなく、肌からも息吹をしているので、肌の健康を続けるために、十分な就寝を心掛けて、肌細胞を活性化させる必要があります。
肌の苦悩を持たれている方が多いですが、ふさわしいスキンケアを心掛ける必要があります。
奥さんにとって、しみは美容の仇だ。
きれいなスキンに女性は誰もが夢見ることでしょう。
但し、そもそも何故しみはできるのでしょうか。
変色の原因はメラニンだと言われています。
では、変色の原因であるメラニンは何故叶うのでしょうか。
答えはUVにあります。
お日様のUVを粗方受ける結果、私たちのカラダはメラニンを取るように出来ています。
ここでポイントになるのはUVをいかに浴びないように気を配るかにあります。
UVを浴びないように気を付ければ、必然的に変色の原因であるメラニンを作らせない、創りにくく出来るということです。
なので、UVを浴びる際は、UVを予防する為に、UV対策が施された帽子や日傘を常に生きることをおすすめします。
また、色眼鏡をする結果、眼からUVも予防することが出来ます。
また、日差しの強い陽気である夏場だけではなく、冬の間もUVは地上に降り注いでいますので、クールな陽気であってもUV対策を怠らないようにしましょう。
もちろん、UVを予防する日焼け止めを塗ることも大切になってきます。
また、室内にいてもUVをカットするカーテンなどをつけると良いでしょう。
人の肌細胞はターンオーバーを繰り返している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です