交通事故はパーキングにも多いといわれているようです。

この数年で、交通事故死は少なくなりつつあります。実際、内閣府のデータにおいては平成27年度の交通事故死亡者数は4,117名、平成13年より15年継続して少なくなっています。

交通事故死が少なくなっているのは耳よりなお知らせがありますが、反面、物損事故は抑えられていないどころではなく、増加しています。

日本全国の簡易裁判所においては、任意保険の弁護士費用特約を駆使して物損事故の裁判件数が10倍に増加しています

日本損害保険協会の発表では、車両事故のおおよそ3割がパーキングで起こっていると公表しているのです。

その内訳を確認してみると、パーキング内の設備との接触で起こる事故がおおよそ30%、路上の交通事故がだいたい70%。日常になんとなしに世話になってるパーキングなのですが、じつはアクシデントに合いやすいスポットということです。

パーキングでの車両事故は、設備や構築物の接触事故がとりわけ多いとのことです。

パーキングは窮屈なエリア・ワイドなロケーションなど実に多種多様。

特に大型建物のパーキングのお休みの日は混み合う割合が高く、物損事故などの問題が多発しているそうです。

区役所・市役所・百貨店または大規模スーパーなどへ立ち寄った時は、マイカーをパーキングに駐車すると思います。

公的機関の施設・ショッピングセンターのパーキングは国の法律上、道路上とは違いますが、「道路交通法(道交法)」が採用され、道路と扱われます。

道路というのは、「道路及び隣接する土地で不特定・多数の人の出入りが見られる場所」といった意味があるのです。

それに加えて、道交法とは、道路においての危険性の回避,交通の安全と円滑、道路交通によるトラブルの抑制を目的にするルールということです。

交通事故はパーキングにも多いといわれているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です